タマン

ピトン改造と天秤作成

2008.07.29

2017.09.06

スポンサー広告

先週は、タマンがんばったけど全然ダメでした・・・(*_*;
竿を出した場所は宜野湾の旧漁港近くにある石畳の突堤です。

アンカーもたくさんあったから普段は釣れてるのかもしれませんが。。。

張り切って四つ編みとか作ったけど、エサすら釣れず出番なし。

完全坊主で朝を迎えました・・・
魚釣れなかったので、タマン釣りの際に必要なピトン改造天秤作成をちょこっと。
一般的なのはスノーピークのスーパーピトンですね。

角度調整が柔軟にできてかなり使い勝手が良いですね。
なんですが、、、スーパーピトンの軸が細くてタマン釣りではちょっと心配です。
根が荒い場所が多く、糸を出したくないのでフルロックにてピトンに竿をセッティングすることも多いのでデカバンがきたら破壊されることもあります。
現実に昨年、破壊された経験もあります。
そこで少しでも破壊を防ぐために太軸に改造です!
まずわ純正のネジをはずします。
 

金属用のキリ(5mm径)を使い穴を広げます。

ステンレスの25mm/6φを使います。
純正と比べるとこんな感じ


ナットを使い閉めなおし終了!

これで少しは頑丈になるはず。
純正のままで改造したいなら、64チタンの5mm径のやつに差し替えても強度アップにはつながるかも。
それでも心配なら、、、板バネですね。笑
次は天秤作成です。


天秤を使うと、普通の親子サルカンなどによる捨て錘方式よりも食い込みが格段に良くなりますね。
天秤の作成はパワースイベルSIZE1とエアーチューブ(Φ4mm)とスナップ(適当なサイズ)を使います。

エアチューブはホームセンターのエアーツールコーナーに有ると思います。

エアチューブを斜めに切り、スイベルに通しやすくします。

若干硬いのでラジオペンチで無理やり引っ張って通します。

通し切ると、先端をまっすぐに切って揃えます。

スナップをつければ出来上がり!

結構、キツキツなので、使用でズレるということはあまりありません。

 

 

 

 

スポンサー広告

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

Y-Styles Y-Styles

Y-Styles

生後:40年
全長:163cm
重量:59kg(増量キャンペーン中)
生息地:沖縄県浦添
休日:土日祝日

サンデーフィッシャーマンY
★釣趣はフカセをメインにいろいろやっとります
最近は船も覚えました
毎週ジギング行きたいですが金が続かないので磯も継続。

所属:OFD

SFC:Field Advisor

でかいのが釣れたら嬉しいよね。釣りは最後は自分との戦い。

コメント一覧

  1. より:

    ホントいろんな釣りに携わっていますね!!自分も釣りは大体しますが、打ち込みは本格的にしたことがありません。デカバンタマンやガーラ釣りたいですね(^^

  2. >蛙さん
    私も打ち込みほどほど適当にですよ^^;
    今年はガーラ(ロウニン)をかけてみたいものです。

  3. なるぱぱJAPAN より:

    おひさ~!
    釣り具いじるの楽しいよね~
    自分は忙しすぎてて、てぃ○ぽいじる暇もないさ(泣)

  4. >なるぱぱさん
    またぁ~、どんなに忙しくてもてぃん○は絶対いぢってるでしょ!笑

  5. exit より:

    初めまして、最近読ませてもらってますexitと申します。
    天秤の手作り良いですね。
    参考になります(^-^)v
    皆さん、色んな工夫してるんですね。
    自分も挑戦したいです(^_^)/

  6. exitさん
    ありがとうございます。
    天秤は、現在では改良され、もっといいやつ見つけました。
    エアーツール用のホースです。ホームセンターのエアーコンプレッサーのホースコーナにあります。

  7. exit より:

    返事ありがとうございます。
    宜野湾の岩場は、良く行くポイントですがまだ、釣れた事無いです(*_*)
    昨日も夜中から、行ったんですが雨に負けて撤収しました。

  8. 内海側(浜側)が意外に熱いですよ。
    知り合いがタマンやガーラ20キロオーバーなどを実績上げてます。

  9. exit より:

    またまた、ありがとうございます。
    砂浜側って事ですよね(^-^)
    釣れないから、両側に投げてますよ(*_*)
    弱気過ぎ??

  10. 確かに最近では近場ではタマンの釣果聞かないですね。
    昨年から新宜野湾漁港でも小型しか釣れないし、大山海岸もまったく上がらなくなってるし。
    タマンから離れてしまって、情報がまったくわかりません。
    そろそろ那覇一文字で釣れ始めるころでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告

新着記事New Posts