釣り具・仕掛け

トーナメント磯SS5000遠投メンテナンス

2012.08.17

スポンサー広告

暑くて、イカれてる、イっちゃってる、異ノーマル。
普通じゃない、並外れてる・魚釣りたい。
Y-Stylesです。
先週は…
   
こんな感じでした。
近場で癒されようと思ったら、ストレスがたまりました。
どこか、遠いところへ行きたいです。釣りしに(笑)
暑い時はクーラーギンギンでリールメンテです。
ってことで、モカから預かったトーナメント磯 SS5000遠投をメンテナンスしてみたんで、メモ程度に記載…
このトーナメント、古いリールですが、まだまだ使えます。
ダイワのパーツ検索システムにまだ展開図ありましたのでバラしてみることに。

単純構造で壊れにくい、今だ人気のS6000Tなどもほとんど同じ構造。
まずゎドラグノブを回してスプールを外す…

クリックギアやワッシャー類を外すと、、、

14mmのナットが見えます。
ローターロックプレートのネジを外し、ディープソケットなどでこの14mmのナットを外して、ローター外しておく。
※この時、メインシャフトの形状上、ローターはまだ完全にはハズレません…(これがめんどい・・)
お次はボディ部のバラシ。
後部のボディキャップを外す

すると、ボディ側面のボディーカバーのネジがすべて出てくるのでこれを外してバラす。
ボディーカバーは左右にわかれており、サンバイザーさんのブログにも書かれていた通りサンドイッチ式ってやつでした。
確かに、内部がほぼ露出するので、メンテはしやすいかも。

ここから、完全分解するために、ドライブギアを外すとこんな感じ・・

ここで、メインシャフト下端を止めている2つのネジを外してメインシャフトを抜けるようにすると、メインシャフトごとローターが外すことができるというわけ。

こんな感じでやっとローターを外せるようになる。
メインシャフトを止めていたネジ、ポール・ポールプレートなども洗浄しておく…

次はピニオンやベアリングを外していく。
この3つのネジを外すと、

ピニオンが外せる・・

ピニオンまわりのベアリングなども洗浄

お次は、ウォームシャフトを外すべく
後部のカラーなどを外していく

ウォームシャフトを完全に外すには、上端にあるEリングを外す必要があるので注意が必要。

あとはストッパーレバー等を外して、全バラ…洗浄…

オイルアップ、グリスアップして逆の手順にて組み上げていく。
あと、大事なのが、ラインローラー。
モカのリールはノーメンテでして、ラインローラー固着していた・・
錆びて頑固だから開かないのかと思っていたけど、実は逆ネジでした。要注意です(^_^;)

洗浄、サビ取り・オイルアップご復元。
ドラグワッシャーも外して専用グリスを塗布して組み直す。

以上、SS5000のメンテナンスメモ…
ミリオンマックスSS9000や、トーナメントS6000Tなども同じような作りだと思います。
使った工具

ドライバー+(大、小)、幅広-
先曲がりのピックみたいなの…(Eリング外すときに重宝しました)
14mmロングソケット
あとは、パーツクリーナーは必須です。
以上、こんな感じのメンテな週末…

スポンサー広告

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

Y-Styles Y-Styles

Y-Styles

生後:40年
全長:163cm
重量:59kg(増量キャンペーン中)
生息地:沖縄県浦添
休日:土日祝日

サンデーフィッシャーマンY
★釣趣はフカセをメインにいろいろやっとります
最近は船も覚えました
毎週ジギング行きたいですが金が続かないので磯も継続。

所属:OFD

SFC:Field Advisor

でかいのが釣れたら嬉しいよね。釣りは最後は自分との戦い。

コメント一覧

  1. くめーん より:

    いいよ~いいよ~。
    ジガーとクラドもお願いします!
    全バラしてパーツ類を一気に洗浄したいんですけど、順番わからなくなりそうで一つ外す→洗浄。の繰り返しなのでパーツクリーナーむっちゃ使う(*´Д`*)

  2. o.d.a. より:

    自分で解体→洗浄→組み立て自信ないなぁ…

  3. ギンパル より:

    ラインローラーが純正ではないね。トーナメントS遠投のツイストバスターのやつだと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告

新着記事New Posts