ジギング

がじゅ丸でアーラ!

2016.12.22

2017.09.08

スポンサー広告

12月に入り、いい感じで水温低下!
やっと、シーズン・インしました、オフショアジギング!
いつも相性が良く、ハズしの少ないがじゅ丸にて行ってきました!

多少、波浪が残る中、風裏に当たる慶良間南側からの攻め。

大漁雲?(^o^)
水深90m付近からのスタート。
最近ハマっている、セミロングであるアーク170gでシャクる。
シャクるというよりは、リフト&テンションフォールという感じか。
なかなかあたりが出ず渋いときは逆に小さいシルエットのアビスにチェンジ。
潮が動いていないというわけではないが、船中アタリは少なく、こぶりなカンパチがポツポツと顔を出す程度。

知念船長は、テンポ良くランガンしてくれるので、飽きが来ず、次のポイントにはきっと!という風にモチベーションが保てるのである。
沈黙を破ったのはこれまた95m付近のポイント。
左舷みよしの二人がダブルヒット!二人共、なかなか良い引きで上がってきたのは、どっちも赤いお魚さん!

まさかの、ヨコフエダイとセンネンダイというレアな魚の組み合わせ!しかも良型ではないか!
このダブルヒット後も引き続き良い感じの雰囲気。
潮も素直なため、スローピッチジャークでランダムな動きを見せるレクター210gにチェンジ!
カラーは大物ばかりがヒットすると噂のボギーオリカラのオレンジテールスポットグロー!
着底後6回ほどシャクリ、5~6mのとこであたりがあるが乗らず、すぐさま着底しなおして3シャクリ目でドスン!
重みのある引きだが、スピードはさほど早くない、もしや!?アーラか!と思うも今までアーラと思って上げてくるとロリカンパのスレ掛かりというパターンも多々あったため、冷静に(装って)やり取り。
ファイヤーラインの2号、無理もできないが、あまり走らせても根ズレも怖い。
駆け引きである。今までの経験をフルに活かし、糸の限界を攻める。
少しのドラグが出るが、コレ以上はダメ、というところではハンドドラグで止めに入る。
じんわり、じんわり、底を切るとあとは、リフトしてリーリング。
あと少しで上がる、、というところで糸が斜めに!
はい!キタコレ!
何度も見たことのあるあの光景!
少し沖にボゴン!と浮いたのはやっぱりアーラ!(チャイロマルハタ)

やらかしたぜー♪

さいくー(≧▽≦)

検量の結果、17.5キロと、自己記録更新としては満足のサイズでした!
タックルデータ
ロッド:スロージャーカー3oz
リール:オシアジガー1500HG
ライン:スーパーファイヤーライン2号
リーダー:シーガーFXR船10号
アシストフック:カルティバジガーライトホールド3/0
おわり
ドクーーー(*´艸`*)

スポンサー広告

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

Y-Styles Y-Styles

Y-Styles

生後:40年
全長:163cm
重量:59kg(増量キャンペーン中)
生息地:沖縄県浦添
休日:土日祝日

サンデーフィッシャーマンY
★釣趣はフカセをメインにいろいろやっとります
最近は船も覚えました
毎週ジギング行きたいですが金が続かないので磯も継続。

所属:OFD

SFC:Field Advisor

でかいのが釣れたら嬉しいよね。釣りは最後は自分との戦い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告

新着記事New Posts